//Googleアドセントのコード

ホノルル市庁舎で在宅命令に反対の抗議者集会

市長の在宅命令に反対して抗議者が市庁舎前に集まる

ニュースソース:Hawaii News Now

市長の最新の在宅命令に反抗する行動で、大勢の人々のグループがホノルル市庁舎の敷地の近くで抗議のために言論の自由を行使しました。

ホノルル警察の多くの警察官が、命令に反対の声を上げた居住者の群衆を注意深く見守りました。

命令に反対する者は、在宅命令が基本的な公民権を侵害していると主張しています。

ある男性は、選出された役人がシャットダウンに対する反対者の声を無視しているように感じて抗議に加わったと言いました。

抗議者のウェス・ヤマダ氏は「彼らは電話に出ません。彼らは隠れています。彼らはハワイの人々にこの状況を強制しています。この封鎖には科学的証拠はありません。そこには多くの矛盾があります。」と語り「私は1.8メートル以上離れています。このマスクは必要ありません。」とマスクを着用義務についての彼の不満を表明しました。

彼は「あなたはマスクを着用することで人々を病気にしています。汚染された空気を吸い込んでいます。このマスクを着ただけで気分が悪くなりました。このマスクは細菌を止めません。「このマスクは何もありません。みんな目を覚ませ。」とヤマダ氏は彼のマスクを2つに引き裂き始めました。

マスクを着用する参加者もいれば、着用しない参加者もいました。彼らはアメリカの旗、標識およびトランプ2020の旗を持っていました。

しかし、そこにいる抗議者の中には、チャイナタウンに住むエミリーグリーンのように、抗議に行く理由が少し異なる人がいることがわかりました。

彼女はウイルスの脅威を認め、特定の保護手段と制限に価値を見いだしていますが、コミュニティリーダーに代わって特定のことが行き過ぎであると述べています。

彼女は「公園やハイキングコースなどを閉鎖するのはまさにそのためです。これらは公有地です。シャットダウンするのはだれでもありません。私たち国民はそれらを所有しています。それはメンタルヘルスにとって非常に重要であり、身体的健康にとって本当に重要であり、非常にリスクの低い活動です。それが、今日ここにいる私にとって大きな推進力の1つです」と話しました。

午後2時30分現在、市長の命令に違反したとして警察から拘束されたという報告はありません。

また最新の在宅命令に対する抗議活動のもうひとつ「フリーハワイ」の一団も土曜日に行動しました。参加者はワイマナロからノースショアを運転し、中央オアフを運転して戻りました。

ライター:
投稿日時: 2020年8月29日午後2時43分