//Googleアドセントのコード

ハワイ州の7月の失業率は対前月0.3%改善も13.1%

ハワイ州労働労使関係省によると、7月の季節調整済み失業率は、6月の修正率13.4%に比べて13.1%でした。

8月20日木曜日の労働労使関係省の発表によると、7月の季節調整済み失業率は、6月の修正率13.4%に比べてやや改善した13.1%でした。

州全体では、7月中に551,750人が雇用されており、83,250人が失業者となっています。季節調整済みの労働力は合計で635,000人でした。

全米の季節調整済みの失業率は、7月が10.2%で、6月の11.1%から改善しました。